FC2ブログ

ホロスコープで読む「安田純平さんの拘束と解放」



内戦下のシリアで拘束され、3年4カ月ぶりに解放されたフリージャーナリスト安田純平さんが正式に記者会見を行いました。
戦争報道の必要性や自己責任うんぬんの議論はさておきまして、明日をも知れぬ生き地獄の中からの無事生還されたことを心から喜びたいと思います。

さっそく安田純平さんについてホロスコープで見てみます。
安田純平(44)
1974年3月16日 出生時間不明 埼玉県



出生時間が不明なので月星座が不正確となりますが、射手座が海外や冒険を意味することを加味すると午前の生まれと推測できます。
太陽魚座、月射手座の好戦的で難しい性格です。
安田さんのホロスコープの特徴は太陽、月、土星のTスクエアです。
性格は日常的に憂鬱な感情なので心の安定が得にくいといえます。
世間や人との関係は円滑に運びにくいかも知れません。
N土星のアスペクトは不運なトラブルに巻き込まれやすい人生を暗示しています。

不運な運命でありながら、あの極限状態から生還できたのはなぜなのでしょう。
安田さんのホロスコープはもう一つの特徴を表しています。
それは風のエレメントによるグランドトラインが二つあることです。
(金星、火星、冥王星のトライン、水星、天王星、土星のトライン)
あの拷問の様な環境下で生き延びてこられたのは、持ち前の知的で冷静な判断が身を助けたのだろうと思います。

さて、安田さんの拘束と解放はプログレスの星が説明しやすいと思います。

「誘拐」
ホロスコープは消息の途絶えた2015年6月21日のものです。
P月の位置を見て頂きたい。(一番外側の月)
安田さんの弱点ともいえる土星(太陽と月と土星のTスクエア)に見事に合しているではありませんか。
これは自分の身や居場所の危険です。
典型的な不運の形を表し、健康問題や生死に関わる危機を暗示しています。
トランシットの凶星に至っては言うに及ばずです。
安田さんは運命的に巻き込まれるべくして巻き込まれたのです。

「監禁」
3年4カ月の間、T土星は様々なアスペクトを形成して安田さんを苦しめました。
2016年にはN海王星とN火星のオポラインを刺激しています。
2017年~2018年はN月に合、あるいはN太陽やN冥王星とのスクエアなどを形成。
監禁状態を想像すると眉をひそめるようなアスペクトが続きます。
解放前の「ウマルの動画」の頃の土星のアスペクトは眺めていると息苦しくなります。

「解放」
占星術的に解放された理由は2018年10月のプログレスを見ればわかります。
待ちに待ったP金星がN太陽に合しました。
この合は幸福と快楽を与えられることを意味します。
安田さんは九死に一生を得る、というラッキーを与えられたのです。
まさに天国と地獄を味わったいわゆる「中年の危機」だと言えるでしょう。

「ジャーナリストとして、今後も紛争地において同じ行動をとるか?」という記者の質問に対して、
「それは分かりません」と答えた安田純平さん。

安田さんのように双子座の火星を持つ人にとっては、ジッとしていることが一番の地獄なのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かぴ

Author:かぴ
プロフィール

ニックネーム:かぴ
年齢:亥生まれ
性別:男性
居住地:広島県
職業:占星家
血液型:O型
趣味:将棋
ホームページのURL:http://kapiuranai.com/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR