FC2ブログ

寿命占い 何歳まで生きられる?

dPK2017072802100037_size0

自分にはどんな個性があって、どんな仕事が適しているのか。
金運はどうなのか。
結婚はできるのか。子供には恵まれるのか。
自分はどんな成功を目指していくべきなのか。

人生の前半の心配事といえばこんなところでしょうか。
ところが、人生も後半にさしかかると心配事の内容も変わってきます。
子供も育ち、孫もでき、気が付けば職場でもりっぱな高齢者。
しだいに体のあちこちが痛くなり、気になるのは老後の生活です。
夢の溢れる高齢者がいたら奇妙です。

最近、五木寛之さんの「孤独のすすめ」という本を手に取りました。
私が孤独というわけではありませんが「人生後半の生き方」というサブタイトルがいい。
人生を登山に例えるなら、50歳頃からの下山の仕方が大切だと言う内容です。

さて、老いを迎えた私たちは何のために生きるのでしょうか。
答えは簡単です。
「死にたくない」からです。
死にたいと思っても自分ではなかなか死ねません。

彼の老子は死生観についてこう説いています。
「死は誰にでも訪れるものなので恐れるものではありません。」
そうは言っても、死ぬのは怖いです。
「いつ、誰に、死が訪れても不思議ではないのですから今を楽しんで生きましょう。」
そうは言っても、楽しめません。

つまり、老子曰く「死があるからこそ今が楽しい」そこに気づくと全てに感謝して生きられるというのです。
たしかに、悩みがある時には自分が死ぬという最大の恐怖を忘れてしまっている気がします。

ところで、自分の寿命を知りたいと思いますか?
当たる占い師がいれば聞いてみたい気もするでしょうが、当たる占いだと怖くて聞けないというのが本音です。
よしんば聞いてみたところで、まともに答えてくれる占い師なんていませんが。

では自分で寿命を見てみましょう。
寿命判断に生と死を司る冥王星という惑星は欠かせません。
ホロスコープチャートでトランシットを見ていくと、どんな人間でも40歳前後でN冥王星とT冥王星がスクエアになり、80代半ばを過ぎれば向かい合うことになります。
いつ死んでも不思議のない状態ですね。
ただし40歳前後の時はまだ体力があるので多くの人が持ちこたえます。
冥王星がセットされたなら、あとはT凶星がN惑星に対してハードアスペクトを形成するのを待つだけです。

ちなみに先日亡くなられた星野仙一さんは70歳という若さでしたが、N月とN火星がT天王星とスクエアを形成。
また、N天王星とT冥王星が正確なインコンジャンクトを形成していました。
3年ほど前から闘病生活を強いられていたのだろうと想像できます。

こんな風に死んだ後でつじつま合わせの様な話はいくらでもできますが、生前における寿命判断となると出生図の生命力とのバランスを読む必要があるので経験が必要です。
どうしても寿命が気になるという方は、N惑星に対してTのトランスサタニアン惑星のハードアスペクトや凶星によるハードアスペクトの数を数えてみましょう。
単純な見方ですが、その数が多いほどしんどい状態になります。


私の寿命はあと11年。
星野仙一さんより少し短いですが、裏を返せば11年は死なないということです。
あらかじめ自分の寿命を知っておくことで有意義な人生の下山計画を立てられると考えていますが、さすがに11年後の恐怖は半端ないだろうと思っています。

それにしても、この寿命占い、怖すぎて流行らないだろうな~。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かぴ

Author:かぴ
プロフィール

ニックネーム:かぴ
年齢:亥生まれ
性別:男性
居住地:広島県
職業:占星家
血液型:O型
趣味:将棋
ホームページのURL:http://kapiuranai.com/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR