FC2ブログ

クライマックスシリーズの真実! 広島カープvs横浜ベイスターズ



セ・リーグのクライマックスシリーズは横浜ベイスターズが広島カープを破り、史上最大の下剋上で日本シリーズへの切符を手にしました。

広島カープは不完全燃焼のまま日本一という忘れ物を取りに行く前に転んでしまいました。
シーズン中に何度も見た逆転のカープの面影はなく、まるでどこか知らないチームのように映ったのは私だけでしょうか。

9月18日、カープが優勝を決めた時、横浜は巨人と3位を争っていたわけです。
誰がこんな結果を予想したでしょう。
その頃、2連覇に酔いしれているカープファンでしたが、苦手とする横浜のCS進出は正直嫌でした。

では、ファイナルステージでいったい何が起こったというのでしょうか。
占星術的に考えてみます。

占星術は全体の星の動きをトータルで読む必要がありますが、今回は占いをわかりやすく面白くするために、スポーツにはもってこいのT火星を中心に考えてみます。

カープにとって鈴木誠也、阿部、エルドレッドのケガによる離脱が響きました。
特に8月23日、4番の鈴木誠也の骨折は衝撃的でした。
ちなみにこの日の鈴木誠也の星の配置を見て頂きたい。
N月にT冥王星が合。
N太陽にT火星が合。
N冥王星にT火星がスクエア。
もともとN太陽とN冥王星がスクエアなのですからケガという現れ方は何ら不思議ではありません。
2017年の鈴木誠也には始めから冥王星による不吉な暗示があったわけです。

鈴木の穴を埋めたのが松山竜平でした。
9月~10月前半は鈴木の存在を忘れさせるように打ちまくりました。
それもそのはず、T火星は♍を運行しており乙女座の松山にとっては願ってもない活躍のタイミングだったのです。

さて、話はクライマックスシリーズです。
T火星♍で始まったCSでしたが、横浜と2勝2敗となった時点で嫌な雨天中止が続きました。
この雨は横浜ナインに休養を与えるだけでは済まなかったのです。
では、この二日間の雨は何を暗示していたのでしょうか。

この時、乙女座にあったT火星は天秤座に入り、月は蠍座から射手座に移動しました。
かくしてカープは「天秤座の火星、射手座の月」の配置で残りの5戦6戦を戦うことになったわけです。
この星がカープに敗因をもたらしたと言っても過言ではないと私は考えています。

(以下はCS全5試合での成績です。)
・♍の松山にとって♐月は低迷です。火星もハウスを変え9月の勢いはなく3安打、打点0。
・♈の丸にとって♎火星は緊張の時です。4安打3打点は丸としては少し物足りない。
・♈の岩本にとっても困難の時で、無死満塁のチャンスに勝敗を分ける三振をしました。
・♑のバティスタにとって♎火星は不調です。♐の月では元気が出ません。3安打、1打点。
・♋のエルドレッドは見事に右手関節痛で登録抹消となりました。
・♋の安倍は右ふくらはぎの手術明けです。お家で休んでいた方が良かったでしょう。
・♋の野村祐輔もお休みすべき時に2試合で2敗もしてしまいました。7失点、防御率.788。

もちろん「天秤座の火星、射手座の月」がプラスに働いた選手がいます。
・♐の西川にとっては結果を出せるタイミングで4安打、2四球、出塁率.375。
・♒の新井は5安打、2打点、1ホームラン、出塁率.429と頼れる活躍をしてくれました。

吉や凶といった表現は好みませんがシンプルなのであえて引用します。
登場人物でまとめると23日~24日が吉に働いた星座は、♐、♒、♎、の選手。
凶に働いた星座が、♑、♋、♈、♍の選手という判断です。
(一部の例外もありますが、単純な方法を取っていますので解説は省きます。)

では、反対に横浜のクリンナップの選手を見てみましょう。
・3番♐のロペスは5安打、1打点、出塁率.300と順調な働きです。
・4番♐の筒香は5安打、4打点、3本塁打と大当たりでした。
・5番♐の宮崎は7安打、4打点、2本塁打と首位打者らしい活躍でした。

なんと全員が♐です。
もはや説明はいらないでしょう。
♐のように土星が入場している星座を凶とみなす人が多いのですが全くの逆で、プレッシャーにはさらされても人生で主役級の働きが期待できるのがこの土星期です。
ましてや♐に月でエネルギーを得られるので絶好調となります。

最後に両監督の星座を見てみます。
♑の緒方監督は凶。
♎のラミレス監督は吉となります。

明暗がはっきり表れたのが監督の采配だったと思います。
短期決戦では監督の采配が大いに問われます。
ラミレス監督の大胆かつ早めの継投はズバズバと当たり、カープの反撃を巧みにかわしていきました。

一方の緒方監督は打たれては交代させるといった常に後手に回る継投でした。
焦りからか、ヒットの出ない松山に代えてバティスタをいきなり初の4番に据えました。
鈴木誠也の後の4番を任された松山にとってはたまったものではなかったでしょう。
また、攻撃面ではありえないヒットエンドランやバスターのサインなど、お粗末な采配を随所で披露してくれました。
♑の運気はもとより短期決戦には向かない監督です。

占星術的結論として、雨による2日間の中止がなければ違った展開だったというお話です。
天が味方をしてくれなかった・・それを「運」と呼ぶのでしょう。


さて、レギュラーシーズンで2位阪神に10ゲームの差、そして3位横浜には14.5ゲームの差をつけたチャンピオンは紛れもなく広島カープなのです。
そもそもクライマックスシリーズとは、明らかにお祭り事であり実力とは無関係な興行にすぎません。

我らが広島カープの使命は、レギュラーシーズンを3連覇4連覇と果たし、揺るぎない黄金期を築くことにあるのです。

新井さんのいるうちに・・


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かぴ

Author:かぴ
プロフィール

ニックネーム:かぴ
年齢:亥生まれ
性別:男性
居住地:広島県
職業:占星家
血液型:O型
趣味:将棋
ホームページのURL:http://kapiuranai.com/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR