FC2ブログ

良い結婚運、悪い結婚運、普通の結婚運



秋篠宮眞子様(25)が婚約を発表されました。
お相手は大学の同級生だそうで、バイオリンが趣味の超イケメンです。

誰にとっても結婚は人生を左右する一大イベントです。
まして眞子様のように皇族ともなれば失敗は許されないでしょう。

私たち一般人の世界では、今どき離婚経験のない人を探す方が苦労します。
「結婚運」というものがあるなら、ぜひとも良い結婚運で生まれたいものです。

結婚運を分かりやすく3通りに分けてみました。
良い結婚運、悪い結婚運、そして普通の結婚運です。

良い結婚運とは、好きな人と仲睦まじく生涯をともにできる結婚です。
悪い結婚運とは、あり得ない困難や不幸が付きまとう、相手に裏切られるなど、最終的には離婚に至る結婚運です。
普通の結婚運とは、相手によって良くも悪くもなる流動的な結婚運です。
配偶者との相性が結婚生活を大きく左右する要素となります。

いかがでしょうか。
占うまでもなくご自分の結婚運に心当たりがあるのではないでしょうか?


さて、結婚運を占星術的に解説すればこうなります。

良い結婚運
1.太陽と月がソフトアスペクトを作る。
(人生の幸福と円満な家庭生活を得られやすい)

2.木星か金星が7ハウスにあり、ソフトアスペクトを作る。
(出逢いと愛情、そして結婚のチャンスに恵まれる)

3.(太陽や月)・木星・金星がマレフィック天体とハードアスペクトを作らない。
(愛情表現がスムースになり恋愛がうまく運ぶ)

ここまで理想的な良い結婚運をお持ちの方は滅多にいません。
一つか二つ当てはまれば十分に結婚運はある方だと考えてください。

重用なのは次です。

悪い結婚運
1.(女性は太陽、男性は月)が火星や土星とハードアスペクトを作る。
(生涯において苦労が絶えない)

2. 第7ハウスに火星か土星がある。
(結婚生活は悲哀に満ちる)

3.その火星や土星がハードアスペクトを作る。
(配偶者との結婚に試練と障害が付きまとう)

以上、一つでも当てはまると結婚には困難が伴い不幸な結果となりやすいでしょう。
結婚運の判断は7ハウスを中心に複合的に読むことになります。


ところで、気になるのは眞子様の結婚運です。
太陽が火星とコンジャンクションしていて、芯が強いというよりも男勝りで気が強い。
さらに土星とのハードアスペクトも形成していて、男性による苦労が約束されています。

女性にとっては喜ばしい形とは言えません。
「失敗の許されない結婚」ということを考えると少々重い気持ちになります。

もしかすると、私たち一般人のように「離婚」という選択肢があるのはとても幸せなことなのかも知れません。


いずれにせよ、結婚には相手があること、小室圭さんの深い愛情を希望します。


wyjimage
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かぴ

Author:かぴ
プロフィール

ニックネーム:かぴ
年齢:亥生まれ
性別:男性
居住地:広島県
職業:占星家
血液型:O型
趣味:将棋
ホームページのURL:http://kapiuranai.com/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR