FC2ブログ

神様へのお願いの仕方



そもそも百円ショップでもあるまいし、神社で百円、五百円のお賽銭を投げ入れては、
神様に家内安全から、良縁祈願、商売繁盛まで頼む人が多いようです。
「消費税もなし?」と神様は困っているかも知れませんね。

結局、私たちは神様の力を信じていないから百円なのでしょうか。

今年の初詣でのことです。
私は混雑を避けるために1月3日の夜に参拝しました。
案の定、暗くなった境内には10人ほどの人がいるだけでした。
月明りしかないので少し怖い感じです。

私がポケットから百円玉を出して参拝しようとした時です。

すると、拝殿の賽銭箱の前で黒っぽい服を着た一人の男が拝んでいました。
顔が見えないので分かりませんが、年の頃は45~55歳といったところでしょうか。
中肉中背のその男は、鈴の緒の前に立って斜め45度に頭を傾け「気を付けの姿勢」のまま動きません。
足元には彼の物と思われるリュックサックが無造作に置かれています。

私は後ろに並んでいましたがどうにも様子がおかしい。
他の参拝客は次々とその男の横から手を伸ばしては鈴を鳴らしているではありませんか。
そして端の方で祈願を済ませては去っていきます。

「なんだこいつ」

真剣なのは構いませんが、他人の参拝を邪魔するマナーの悪さを私は注意してやろうかと思いました。
しかし、ここは神様の前です。
私はしばらくその異常な様子を後ろから眺めていましたが、男は鈴の前で拝んだ姿勢のまま微動だにしません。

もう5分は経ったでしょうか。

目を閉じたまま頭を下げ「気を付けの姿勢」を1分続けるだけでも意外と大変です。
強靭な体であることは間違いなさそうです。
私が来る前からなのでどのくらいの時間そうしているのかは分かりません。
どう考えても薄気味の悪い男です。

おそらくは相当深刻な事情を抱えているのだろう・・

「いったい何があったというのだ」

「家族に不幸でもあったのか」

「倒産でもしかけているのか」

「じ・・自殺?」

急に寒気がしました。
気持ちわる・・

私は気になる男を横目に、他の参拝客のように横から手を伸ばして鈴を鳴らし端っこの方でお祈りを済ませたのでした。

男は私が帰る最後の最後まで頭を下げて拝んでいました。

神様にどれだけ長くお願いしようとも、拝殿の前を占領して他人に迷惑をかけている時点で願いなど叶えてもらえるはずがありません。

「手短に表現できないような願い事はそもそも願い事じゃないし、あんたのその態度じゃ100万円の賽銭を入れても願い事は叶えてもらえませんから~」

ブツブツ言いながら車のハンドルを握ろうとした時、なんと手の中から百円玉が出てきたではありませんか。

「あのおっさーん!! ワシのお願い事をどーしてくれるんじゃ!」


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かぴ

Author:かぴ
プロフィール

ニックネーム:かぴ
年齢:亥生まれ
性別:男性
居住地:広島県
職業:占星家
血液型:O型
趣味:将棋
ホームページのURL:http://kapiuranai.com/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR