FC2ブログ

誰にでもある運の悪い話




「運」が良かったとか、悪かったとか感じることがありますよね。

人生には運勢というものがあって、嘘のようなハッピーな出来事や、どう頑張ってもことごとくうまくいかないって時もあります。

あるんですよね~、そんな不思議な現象って・・

これは私の2016年のちょっとした不運なお話です。(稲川淳二か!)


それまで5年間無事故無違反で頑張ってきた私は、あと1週間で生まれて初めて「優良運転者」になるはずでした。
いわゆるゴールド免許です。

「そこの車、左に寄せて止めてください!」

「いつの間にパトカーが・・」

一体何事だと聞くと、どうやら一方通行違反をしたらしいのです。
どこの町にもあるのでしょうが、地元の人しかわからないような極めて分かりにくい道路でした。

何より許せないのは卑怯にもパトカーが隠れていることです。
事故を未然に防いであげようというつもりなら隠れる必要などありません。

これでゴールド免許もおじゃんです。

「そう来たか~、不運だな~。」

そして、運転には慎重になっていたある日の事。
またしても陰に隠れていたお巡りにつかまりました。

今度はシートベルト違反です。
なんと、コンビニから走り出してからわずか100メートルの出来事でした。

「運が悪いな~、悪いな~悪いな~」

考えられないほどの運の悪さを感じた私はその日からというもの、死角に隠れているパトカーの幻を見るようになりました。

そして、本年度3回目の対決の日です。

それは信号のない見通しの良い交差点でした。
左右をゆっくりと確認して右折しようとした時。
一瞬、左の陰にパトカーが隠れているのが目に入りました。

また妄想か、いえ本物のパトカーでした。

「ふん、隠れたつもりだろうがついに見つけたぞ。卑怯者め!」

今度は一方通行でもなく、シートベルトも着用済みです。
もちろん薬物も使用していません。
完璧です。
なぜでしょうか、嫌な緊張が走ります。

「そこの車、左に寄せて止まりなさい!」

「エーーーッ!?」
「お、俺?」


心を読まれたのかと思いました。
警官に怪訝な顔で聞くと一時停止違反だと言うではないですか。

「しっかりとスピードを落として徐行されていましたが、きちんと停止していませんでしたね。」

「おまえら、他にやることないんか!」(心の声)

くどいようですが5年間無事故無違反を守ってきた私です。
それがわずか半年間で3回目の反則キップだなんて。
この調子だと免許停止処分も時間の問題です。

起こること全てに意味があるとするならば、どんな意味があったのでしょうか。

今後の大事故を防ぐためのものか。
あるいは慎重な運転を心掛けたので、本来5回のところが3回の違反で済んだということか。
その答えは誰にも分かりませんが、ポジティブに理解するしかないでしょう。
実は運が良いことなのかも知れません。


自慢ではありませんが、一日に3回の反則キップを切られたこともあります。
(Uターン禁止違反、一方通行違反、駐車違反でレッカー移動。)

あるんですよね~、こんな不運な出来事・・




スポンサーサイト



熟年離婚 ~殿方へのメッセージ



今更ながら熟年離婚が増えています。
知人がまた一人離婚しました。

20代の頃は次々と結婚式をあげたものでしたが、
50代になってからというものどんどん独り者が増えていきます。
今や円満なカップルを探す方が苦労するくらいです。

三行半(みくだりはん)とはそもそも亭主から妻に対しての離別状を意味していましたが、
今ではほとんどの離婚は女性が切り出します。
子どもが成人したら離婚するつもりの奥さんは少なくありません。

もともと好きで一緒になったはずです。
どんな苦労もいとわないはずでした。
愛があれば何もいらない!
あれから数十年・・
お金さえあれば何もいらない!

(すみません、きみまろ調でした。)

いったい何故こうなるのでしょう。

結婚後のラブラブで楽しい時期はほんの一瞬です。
出産と育児、家事をしながらの仕事。
夢見ていた結婚生活は苦労と試練の連続です。
夫との価値観の違い、浮気、姑問題、介護、DV、バクチ、借金、SEXレス・・etc
いつの日か、亭主に愛されることもなく老け込んでいく自分に気づくことになります。

せめてお金の余裕でもあれば・・

ここは辛抱、子供が大きくなるまではとひたすら努力と忍耐を重ねます。
そしてついに我慢の限界を迎えるのです。

「あなた、私別れようと思います。」(キッパリ)

一人だって生きていける。
昭和の時代に比べると女性の社会進出は広がりました。
アベノミクスのいう「女性が輝く社会」です。

「このまま一生を終えるなんてごめんだわ。」

かくして妻は第二の青春をスタートすることになるのです。

夫には大きな勘違いがありました。
「もともと好きで一緒になったはず」
「だから今も俺を好きに決まっている」
などとあぐらをかいているから悲劇を迎えるのです。

まず、女性の本性を知ることです。
女性は男性とは違う人種、というよりも地球外生命体だと認識した方が良いでしょう。
愛の星からやってきた「愛されたい星人」なのです。

地球の男性のように単細胞で意地とプライドに命をかけて戦うような生き物ではありません。

男性に愛されるために少しでも美しくなりたいのです。
そのために高価な化粧を施してエステに通うのです。
そう、女性とは結婚を目的に地球にやってきたエイリアンなのです。

女性という生命体は、
愛されて結婚して愛しい我が子を産んで安定した生活を送りたいのです。


これが女性の本能です。

結婚するなら好みのタイプに越したことはありません。
ところが、女性は男性をシビアに値踏みします。

「ちょっとダサい男だけど、私の事を愛してくれているし、年収も1000万円くらいあるから結婚を考えてもいいかな。」みたいな。

お金への打算は生存本能そのものです。
食後の割り勘などもってのほかです。
不景気のために今の若い女性は結婚どころか恋愛さえできない状況なのです。

さて、「金の切れ目が縁の切れ目」とは良く言ったものです。
いくら好きでも愛だけでは生活はできません。

お金さえあればほとんどの離婚は回避できると私は思っています。
生活の為にやむなく夫婦を続けている奥方は意外と多いのです。

ズバリ、熟年離婚を突きつけられる最大の原因は愛情とお金の低下です。
女房に「自分一人でも生きていける」と思われたらおしまいなのです。



ちなみに、妻に捨てられた男の暮らしは悲惨なものです。

何をどこにしまってあるのか家の中のことは全く分かっていません。
私の知人などは印鑑のある場所さえ知りませんでした。
(どうやって離婚届に判を押したのでしょうか?)

お惣菜を持ってスーパーのレジに並ぶ毎日が始まります。
料理はおろか電子レンジの使い方さえ分かりません。
洗濯機や掃除機のボタンも初めて触ります。
家の中はあっという間にゴミ屋敷となり中年男は生ゴミと化すのです。

自分の妻に限ってそんなことはないと思いたい気持ちはわかります。
でも、気をつけてください。
くどいようですが相手はエイリアンです。
目的のためなら愛しているフリができるのが女です。
離婚決行の日までおくびにも出さないしたたかさを持っていると理解しておくべきです。

ご主人、悪いことは言いません。
手遅れになる前にもう少しだけ奥様に優しくした方がよろしいのでは?

                                  おしまい。


プロフィール

かぴ

Author:かぴ
プロフィール

ニックネーム:かぴ
年齢:亥生まれ
性別:男性
居住地:広島県
職業:占星家
血液型:O型
趣味:将棋
ホームページのURL:http://kapiuranai.com/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR