FC2ブログ

広島東洋カープ!25年ぶり7度目のリーグ優勝 【赤い絆】





広島カープが圧倒的な戦力を見せつけてついに歓喜のリーグ優勝を果たしました。
私にとって7回目の胴上げシーンとはいえ25年は長かった。

この日だけは飲めない私もビールをラッパ飲みです。(ちなみに135mm缶)

何と言っても涙を誘ったのは黒田と新井の号泣&抱擁シーンでした。
二人はこの日の為に勇気を持って広島カープに帰ってきたからです。


いつかカープファンに恩返しをしたいと涙ながらにメジャー挑戦していった黒田博樹。
そして広島カープへの復帰を迷っていた2年前のことである。
黒田のもとへ一本の電話が入る。
それはもう一人のカープ復帰に悩む男からであった。
新井貴浩である。
大好きなカープファンからのブーイングが怖い。
今さら自分なんかが帰っても良いものだろうかという深刻な悩みである。
「お前なら大丈夫」という黒田の言葉についに新井は決心した。
すると「今度は黒田さんの番ですよ」と新井。
結局これに背中を押された黒田は数十億円のオファーを蹴って広島カープに復帰することとなる。


奇しくも低迷するカープの暗黒時代をともに苦しんだ「エース」と「4番」でした。
運命の赤い糸は存在したのです。

もはや自分たちの名誉のためでもなければお金のためでもありません。
カープを優勝させてファンと一緒に喜びたい。
自分たちに感動をくれたカープファンに恩返しがしたい。
その思いには寸分の狂いもない二人だったのです。

さて、二人を占星術的に見てみましょう。

黒田博樹 1975年2月10日 大阪 (41歳)
新井貴浩 1977年1月30日 広島 (39歳)

水瓶座の二人です。
個人の成績よりもチーム優先思考型であり基本的にフォアザチームの性格です。
黒田に関しては月も水瓶座です。
聡明ですが変わり者と思われるほどの型にはまらない考え方を持ちます。
そのオリジナリティがメジャーからカープ復帰への大きな要因にもなっているでしょう。

ではシナストリー(相性)を見てみます。
なんと黒田の月と新井の太陽が合しているではありませんか。
お互いに愛おしいほど相思相愛の関係です。(夫婦にはぴったり)
おまけに新井の双子座の月は黒田の月とトラインを形成しています。
意思疎通は完璧、お互いに分かり合うのに言葉はいらない最高の関係です。

また、二人には興味深い共通点がありました。
共に金星が魚座で火星が山羊座なのです。(すごい確率です)

魚座の金星は昔を懐かしみます。言い方を変えると未練が強くなりやすいと言えます。
過去の傷を引きずり情にも流されてしまいます。
ある意味、古巣カープへの執着心は共通する気持ちでした。

また山羊座の火星はプロとしての野心を表します。
野球(仕事)がまるで趣味の様に好きです。
それゆえに苛酷なまでに自らをいじめ抜きそれに没頭できるといえます。
プロ野球選手としての成功には絶好の星の配置です。

水瓶座生まれでよく似た特徴と運命を持つ黒田博樹と新井貴浩。
どちらが欠けても、25年ぶりのカープ優勝はあり得ませんでした。
リーグ優勝のみならず200勝と2000本安打という偉業をやってのけたことも正に「神ってる」ストーリー。
これはわざわざ占うまでもなく二人が強い絆と特別な運命で結ばれていることを物語っています。

今季限りの引退も否めませんが、最後に日本一になって、もう一度あなた達が抱き合い空を舞うところを見たい。
カープの黄金時代の始まりである「エース」と「4番」として。





スポンサーサイト



プロフィール

かぴ

Author:かぴ
プロフィール

ニックネーム:かぴ
年齢:亥生まれ
性別:男性
居住地:広島県
職業:占星家
血液型:O型
趣味:将棋
ホームページのURL:http://kapiuranai.com/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR