FC2ブログ

仁義なき世界大戦「チャイニーズマフィアvs指定暴力団アメリカ」





~前回までの仁義なき世界大戦。

ヤクザ組織のニッポン組の近所に、愚連隊リーダーで北のチンピラキムという男が住んでいます。
ピストルの乱射を繰り返す北のチンピラには昔家族を誘拐されましたが怖くて何も言えません。
業を煮やした安倍組長はゴルフをしながらアメリカ組のトランプ親分に頼みました。

「北のチンピラの発砲に困っています、親分の方からクンロク入れてもらえんですか?」
「ほうでっか、シンゾーの頼みやったら、よろしおま。その代わり例のほれ、あれ買うてや」
「イージスアショア・・」
「あショア、(爆)笑うとこやで」

こうしてトランプ親分のおかげで北のチンピラを黙らせることができたのです。
しかし、沈静化したと思われた極道社会はこのあと思わぬ展開を見せるのでした。

■出演
北のチンピラ・・・「キム」
指定暴力団アメリカ組・・・「トランプ親分」
アメリカ組直系団体ニッポン・・・「安倍組長」
アメリカ組直系団体韓国・・・「ムン組長」
チャイニーズマフィア・・・「ドン・キンペイ」
ロシア会・・・「プンチ会長」

安倍組長とチャイニーズマフィアのドン・キンペイは商いが得意です。
おしぼりや観葉植物、風俗嬢の人材派遣などシノギになることなら何でもやっており、お互いになくてはならない関係です。

そんなある日のことでした。
チャイニーズマフィアの市場から謎の伝染病が発生したのです。
それは人への感染力が非常に高いウィルスでした。
保健所はチャイニーズマフィァからの多額の賄賂で事実を隠蔽。

ウィルスはチャイニーズの義兄弟イタリア組からあっという間に全国のヤクザ団体に拡大していきました。
特に指定暴力団アメリカ組での被害は尋常ではなく死亡した組員の埋葬が間に合わないほどでした。
トランプ親分は発生源であるチャイニーズマフィアに対してカンカンに怒りました。

「チャイニーズウィルスのせいでこのありさまや。きっちり慰謝料払うてもらうで!」

一方のチャイニーズマフィアはウィルスを持ち込んだのはアメリカ組だと言い張ります。
ただでさえ相性の悪かった二大勢力はこれを機に一触即発の状況になりました。

さて、ウィルス感染拡大によって仁義もくそもなくなった極道社会。
チャイニーズマフィアは南の海をせっせと埋め立てて自分の領土拡大を図り、ニッポン漁船を追い回しています。
北のチンピラキムはヤンキーの妹に韓国に向けて爆弾を打たせ、韓国組のムン組長はこの期に及んで慰安婦ネタで金をせびってきます。

我らがニッポン組の安倍組長は、かねてからの東京大運動会が延期になってガッカリです。
「来年はできるだろうか・・」
できるわけありません。
二大勢力のアメリカ組とチャイニーズマフィアの抗争が始まろうとしているのです。

安倍組長はアメリカ組の直系団体でありながら、アメリカの敵であるドン・キンペイを日本にVIP待遇で招待する予定だったのです。
両者のドンパチが始まればどちらかにつかなければなりません。
別れようにも別れられない愛人といったところです。
これには困り果てました。

どうすればよいのかわからなくなった安倍組長は、なぜか小っちゃいマスクを全国の組員に配るという行動に出ます。
世にいうアベノマスクです。
そしてニッポンでも感染者が増え始めた時、全組員に号令をかけました。
「ゴーツートラベル!」(トラブル続出です)
もはや正常な判断ができなくなった安倍組長はしだいに影が薄くなっていくのでした。

さて、いよいよ3か月後には指定暴力団アメリカ組の次期組長が襲名されます。
内部分裂が問題視されるトランプ親分の運命はいかに?
アメリカ組とチャイニーズマフィァの全面戦争はいったいどうなる?

そして我らが安倍組長は?

仁義なき世界大戦は今まさに幕を開けようとしているのでした。

                                   つづく



スポンサーサイト



神様へのお願いの仕方



そもそも百円ショップでもあるまいし、神社で百円、五百円のお賽銭を投げ入れては、
神様に家内安全から、良縁祈願、商売繁盛まで頼む人が多いようです。
「消費税もなし?」と神様は困っているかも知れませんね。

結局、私たちは神様の力を信じていないから百円なのでしょうか。

今年の初詣でのことです。
私は混雑を避けるために1月3日の夜に参拝しました。
案の定、暗くなった境内には10人ほどの人がいるだけでした。
月明りしかないので少し怖い感じです。

私がポケットから百円玉を出して参拝しようとした時です。

すると、拝殿の賽銭箱の前で黒っぽい服を着た一人の男が拝んでいました。
顔が見えないので分かりませんが、年の頃は45~55歳といったところでしょうか。
中肉中背のその男は、鈴の緒の前に立って斜め45度に頭を傾け「気を付けの姿勢」のまま動きません。
足元には彼の物と思われるリュックサックが無造作に置かれています。

私は後ろに並んでいましたがどうにも様子がおかしい。
他の参拝客は次々とその男の横から手を伸ばしては鈴を鳴らしているではありませんか。
そして端の方で祈願を済ませては去っていきます。

「なんだこいつ」

真剣なのは構いませんが、他人の参拝を邪魔するマナーの悪さを私は注意してやろうかと思いました。
しかし、ここは神様の前です。
私はしばらくその異常な様子を後ろから眺めていましたが、男は鈴の前で拝んだ姿勢のまま微動だにしません。

もう5分は経ったでしょうか。

目を閉じたまま頭を下げ「気を付けの姿勢」を1分続けるだけでも意外と大変です。
強靭な体であることは間違いなさそうです。
私が来る前からなのでどのくらいの時間そうしているのかは分かりません。
どう考えても薄気味の悪い男です。

おそらくは相当深刻な事情を抱えているのだろう・・

「いったい何があったというのだ」

「家族に不幸でもあったのか」

「倒産でもしかけているのか」

「じ・・自殺?」

急に寒気がしました。
気持ちわる・・

私は気になる男を横目に、他の参拝客のように横から手を伸ばして鈴を鳴らし端っこの方でお祈りを済ませたのでした。

男は私が帰る最後の最後まで頭を下げて拝んでいました。

神様にどれだけ長くお願いしようとも、拝殿の前を占領して他人に迷惑をかけている時点で願いなど叶えてもらえるはずがありません。

「手短に表現できないような願い事はそもそも願い事じゃないし、あんたのその態度じゃ100万円の賽銭を入れても願い事は叶えてもらえませんから~」

ブツブツ言いながら車のハンドルを握ろうとした時、なんと手の中から百円玉が出てきたではありませんか。

「あのおっさーん!! ワシのお願い事をどーしてくれるんじゃ!」


プロフィール

かぴ

Author:かぴ
プロフィール

ニックネーム:かぴ
年齢:亥生まれ
性別:男性
居住地:広島県
職業:占星家
血液型:O型
趣味:将棋
ホームページのURL:http://kapiuranai.com/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR